スポンサードリンク

住民税

2012年01月17日

『医療費控除と住民税』

医療費控除とは、ある特定の条件を満たすことで所得税などの税金の還付または軽減という一定金額の所得控除を受けられる制度のことです。

確定申告の際に医療費控除も申告することによって、住民税などの税金の負担を減らすことができるのをご存知でしょうか?
例え、さほど大きな金額ではないとしても、所得税や住民税などの税金の還付金が受けられたり翌年の分の税金が軽減されたりすると嬉しいものですよね。

医療費控除を申告した際に、所得税の還付金はないけれど住民税は軽減されるという場合もあるそうです。


医療費控除を受けられる条件は、毎年1月1日から12月31日までを期間とし、自分自身または自分自身と生計を一にする配偶者、その他の親族などのために医療費を支払った場合が対象となります。

ただし、期間内に支払った金額が10万円以上の場合が所得税などの税金の還付または軽減の対象となるそうなので、10万円に満たない場合などは最寄の税務署などに一度確認してみるといいと思います。

この場合、住宅ローン控除で所得税の負担が0になってしまっていても、住民税の計算では住宅ローン控除は差し引きしないので、医療費控除額が発生している場合は所得税の還付金がなくても確定申告で申請しておけば、その医療費控除が住民税の軽減には反映されるそうです。

確定申告で医療費控除の申告をして損をすることはないですね



nemurinagara at 11:00 

2012年01月02日

医療費控除で住民税を安く

レーシックやインプラント治療、歯列矯正、不妊治療、出産治療等、保険適用外であったり

、そもそもの通院費が高額であるような場合に、医療費控除を受けることが出来ます。
医療費控除を受ければ、所得税だけではなく、住民税も安くなりますので、是非確定申告を

しておきたいものです。

医療費控除の対象となる費用は、通院費の他に交通費、薬代があります。ただし、予防のた

めのインフルエンザ予防接種などは対象外です。

これから花粉症の季節になりますが、マスクも予防目的であれば対象外です。しかし、既に

鼻炎を発症していて、医師の指示があれば、マスクも医療費控除の対象になるようです。

医療費控除は、通院費等の治療に要した費用が10万円または所得の5%を超えた場合に、

還付金が戻ってくるのですが、超えない場合でも医療費控除の申告はしておいた方がよいよ

うです。

医療費控除以外の控除後の所得によっては、還付金の対象になることもありますし、住民税

については、安くなると聞いたことがあります。

いずれにしても、医療費控除の申告を行うだけで、所得税や住民税が安くなる可能性があり

ますので、一度は計算をして医療費控除を検討した方が良いと思います。



nemurinagara at 05:00