スポンサードリンク

申請方法

2012年01月12日

『e-taxによる医療費控除の手続き』

医療費控除を受けるためには確定申告の際に申告書を提出しなければなりませんよね。
しかし、税務署に提出しに行くのが困難な場合や、そのためだけに会社を休みたくないなどという人もいると思います。
そういった人に便利な「e-tax」という国税電子申告・納税システムがあるのをご存知でしょうか?

e-taxを利用するには、まず電子証明書(ICカード)を取得することから始まります。
地方公共団体による公的個人認証サービスなどの電子証明書の取得に関しては、住民票のある市区町村に問い合わせてみることをオススメします。

電子証明書を地用する際に、別途でカードリーダーが必要となります。
こちらは、最寄の家電量販店などでも購入することが可能ですので、対応しているものかどうか確認して購入するといいと思います。

電子証明書の取得が済んだら、次は開始届出を提出し、利用者識別番号等を取得します。
それから、e-taxソフトをダウンロードし、初期登録を行います。
これらが全て整ったところで電子申告・納税を行うことが可能になります。

便利な反面、正直なところ、確定申告にもパソコンにも詳しくない人にはe-taxを利用するのは難しいかもしれません。

医療費控除とは、毎年1月1日から12月31日までの間に自分自身や家族などのために医療費を支払った場合、税金の還付または軽減という一定金額の所得控除を受けられる制度のことです。

ただし、年間の医療費支払額が10万円以上でなければ税金の還付、軽減の対象とはならないそうです。



nemurinagara at 16:00 

2011年12月31日

医療費控除の申請方法

ここでは、医療費控除の還付申告について、その申請の仕方を紹介します。

まず、医療費控除の申請期間ですが、これは、確定申告の期間となります。また、対象とな

る医療費の期間は、その前の年の1年間となります。

最近、住宅ローン控除や、e-taxで申請したときの定額還付金などで、確定申告を行う人が

増えているようですね。
しかし、誰もが支払っていると思われる医療費、これが、税金において、医療費控除の対象

となる事をご存じでしょうか。


確定申告の期限内に、用紙を入手し、必要書類を作成し、国税局か税務署に行き、申告を行

います。医療費控除の申請書となる物は、医療費の明細書で、国税庁のHPからダウンロード

できます。

ダウンロードした書類はexcel形式になっていますので、通院費等の金額を記載し、計算を

行います。計算方法は、申請用紙の各欄に載っていますので、難しくないと思います。
これで、医療費控除の準備は終わりです。あとは、領収書を付けて、確定申告を行うだけで

す。

手続きのやり方や、申告書の書き方について解らない場合は、国税局や税務署にて教えても

らえますので、医療費控除に該当する方は一度確定申告してみて下さい。




nemurinagara at 14:00 

2011年12月27日

こんにちは。今日も確定申告の医療費控除についてお話しますね。

医療費控除の対象となる治療における通院費や交通費の還付が受けられる、医療費控除ですが、面倒くさいからと、確定申告をしていない人が多いと思います。

しかし、手続きは意外に簡単なのです。


治療を受けた方は、医療費控除を申告してはいかがでしょうか。税金の節約になりますよ?
それも、所得税だけではなく、住民税も安くなります。

まず、対象となる期間は、その年(1月1日~12月31日)に治療のために支払った、通院費、交通費、薬代等です。

金額がわかる領収証を取っておきましょう。

確定申告の時期は、翌年の大体2月16日~3月15日ですので、その時に、税務署に赴き、医療費控除の手続きを行います。

どうしても解らない場合は、医療費控除を受けたいと税務署の方に相談すれば、必要書類の書き方を教えてくれます。

もちろん、e-taxを利用しても、郵送でも構いません。

必要な用紙は、国税庁からダウンロードできる医療費の明細書です。これが、申請用紙となります。
この申請用紙に、医療費の明細を記入し、計算式に基づいて金額を記入します。

Excelのシートになっていますので、どなたでも申請用紙を作成できるのでは、と思います。

あとは、領収書を一緒に持って税務署に行くだけです。手続き、とても簡単ですよね?



nemurinagara at 10:30